トップページ > 操体・トリガーポイントブロック

操体を治療に

来須医院では体の痛み、こり、ゆがみをとる治療法として、操体・トリガーポイントブロック注射等を取り入れています。
操体法を学んで心地よさを大切にすると、痛みなどの症状を自分で治したり予防することができます。また操体法で治療に対する見方や人生観が変わり心も体も楽になります。

操体ってなに?

操体とは「快」「不快」の感覚を手がかりに心身のバランスを整え、病気、症状を治していく方法です。
動物の体は精巧にできていて、バランスが崩れると痛みなどの不快な症状があらわれます。すると無意識のうちに痛みから逃げるような、気持ちのいい動きをします。動物には当然医者はいませんが、本能に忠実に、気持ちのいい動きをするだけで病気を防いでいます。
ところが人間は、無理な動作を続けがちです。すると、痛みがどんどん悪化し、関節炎や神経痛などの病気になります。
そこで意識的に、不快な姿勢から快よい姿勢に体を動かし、ここちよい感覚を味わえば、体のバランスが整い、症状がとれます。

当院では診察の際に操体の考え方を取り入れて治療しています。
診察の合間に、おすと痛いコリやツボを押して、患者さんに逃げてもらい、肩こりや腰痛などの痛みをとる圧痛操法をすることがあります。また患者さんと一緒に楽な姿勢を探り、気持ちのいい方へストレッチしてもらうことで症状が改善することを体験していただくこともあります。

操体は一人で、いつでもどこでもできます。また他人に手助けしてもらってすることもできます。
操体は安全で、しかも一度コツをつかんでしまえば死ぬまでずっとできます。

操体についてもっと知りたい方は、いい本やDVD、ホームページがたくさんありますので、そちらもぜひご覧ください。また講習会も各地で開かれています。
うそか本当か、ぜひやってみてください。

トリガーポイントブロック注射

当院では操体をまずお勧めしていますが、操体だけでは症状が残る人がいます。
そのような場合、トリガーポイントブロック注射をすることもできます。

腰痛や膝痛、肩の痛みなどの整形外科の病気は、筋肉が原因のことが多いと指摘されています。(筋筋膜性疼痛)
その場合、圧痛点(おすと痛い所)に痛み止めの注射を何ヶ所かにするだけで痛みがうそのように和らぐことがよくあります。このトリガーポイントブロック注射で痛みをとると、動かせなかった肩がすぐ動かせるようになったり、腰痛が軽快してすっと歩けるようになったりします。うつうつとしていた気分が晴れやかになり、痛みが改善します。(ゲートコントロール理論)
痛みを感じる場所を一緒に探りながら痛み止めの薬を注射するだけのシンプルな方法です。すごく細い針を使って注射しますので安全で痛みもほとんど感じません。

その他

気持ちよければ何をやってもいい(@橋本敬三先生)ので、いろいろなことを取り入れています。
操体以外にも、ヴィパッサナー瞑想、バランスセラピー、太極拳や合気道などの武術などもお勧めです。

また心の持ち方、考え方もよくしていくことが非常に大事です。なかなか難しいですが考え方を工夫していくと、楽で快適にすごせるようになります。

  1. 「ありがとう」という感謝の気持ち
  2. 今をありのまま受け入れること

が特に重要だと思います。

現代は心の時代なので、いい本・DVDなどがたくさんあります。
お勧めの本」でも紹介しています。面白そうなものがあれば、ぜひ読んでみてください。当院の待合室にも何冊か置いています。