トップページ > 漢方

漢方薬の治療

漢方薬の治療は2千年以上の歴史があり、症状をなんとかするのに優れた面があります。現代でも一般的な治療で症状があまり改善しないとき漢方薬で効果が見られることがよくあります。

検査では一応正常といわれたけれど、疲れ、イライラ、めまい、冷え、肩こりなどの症状があり困っていませんか?
西洋医学の治療では自分にあった薬が見つからず困っていませんか?

このようなとき、東洋医学を試してみてはいかがでしょう。
思いのほか楽になり、いい効果を得られることがあります。
東洋医学ではどんな些細な症状でもこまやかに見ていきますので、体にやさしい治療をすることができます。
来須医院では、東洋医学的に診察して、保険で漢方薬を処方しています。

漢方内科の適応疾患

内科疾患に限らず、皮膚科、婦人科、整形外科、泌尿器科、耳鼻科、眼科、心療内科、精神科など、ほぼ全科にわたる病気に漢方を用いることができます。
また既に何らかの治療を受けている方でも、漢方薬は西洋医学の薬と併用することができるので、全く問題ありません。当院で漢方薬がよく用いられる疾患は以下のとおりです。

1)慢性病
●膠原病: 関節リウマチ・SLEなど  ●アレルギー疾患: アトピー性皮膚炎・喘息・花粉症など
●精神科疾患: 不眠症・うつ病・不安神経症など  ●神経内科的疾患: 頭痛・脳梗塞後遺症など
●眼科疾患: 眼精疲労、緑内障など  ●胃腸疾患: 胃炎・クローン病・潰瘍性大腸炎など
●産婦人科疾患: 更年期症候群・不妊症など  ●泌尿器科疾患:尿失禁・頻尿・過活動膀胱など
●皮膚疾患: 湿疹、円形脱毛症、にきび、白斑症など  ●耳鼻科疾患: めまい・耳鳴など
●整形外科疾患: 膝関節痛・腰痛・肩こり・むちうち症・五十肩など
●その他: 冷え性・ほてりなどの自律神経失調症、慢性疲労、風邪を引きやすい
2)癌などの難病
●癌などの悪性疾患(手術後遺症や抗がん剤の副作用による症状の軽減。再発予防。緩和治療)
●パーキンソン病などの神経変性疾患
3)手術を避けたいとき
●椎間板ヘルニア・膝関節症などの整形外科的疾患
●子宮筋腫・月経痛・子宮脱などの婦人科疾患など

漢方治療の実際

漢方薬をご希望の方は、あらかじめ東洋医学の問診表(A4版3枚)をご記入ください。
そして実際の診察で、症状をこまかくお尋ねします(問診)。
次に舌や両手の脈をみた後、ベッドに仰向けになっていただき、お腹(腹症)を診させていただきます。
それらの情報を総合的に分析し、診断、治療をします。

漢方内科では通常このように丁寧に診察しますので、初診時は結構時間がかかります。時間には十分余裕をもって来院してください。

漢方薬の種類

当院で処方する漢方薬にはエキス剤(粉薬、錠剤、カプセル)と煎じ薬があります。

エキス剤とは、煎じ薬を加工してインスタントスープにしたもので、お湯に溶かして飲むか、またはそのまま水と一緒に飲んで服用します。種類は限られますが、錠剤やカプセルもあり、簡便で飲みやすくなっています。
煎じ薬とは、調合された何種類かの生薬(植物の根や葉っぱや鉱物等)を水に入れて、お鍋やヤカンで30分~45分くらい煮出し、ざるなどでこした液のことです。それを一日数回に分けて飲みます。手間はかかりますが、よく効きます。

ご希望を聞いて、エキス剤か煎じ薬か決めています。ご希望を遠慮なく言って下さい。
院外処方箋を発行しますので、漢方を扱っている院外薬局で薬をもらって下さい。