トップページ > 医師の紹介

ご挨拶

当ホームページをご覧になっていただき、どうもありがとうございます。
来須医院は、父、来須正知が1972年に京都の醍醐の地で開業させていただいたのが始まりです。
父が80歳を過ぎ高齢となったため、私が継ぐことになりました。
父は外科、整形外科医ですが、私は内科医なので、診療科は若干変わりました。
気軽に相談できる町の診療所として、引き続きご利用していただければ幸いです。

私は東洋医学にも大変興味を持っており、漢方や操体、鍼灸なども勉強しています。
治療の選択枝の一つとして、漢方をお勧めすることもありますが、患者さんの好みは人それぞれなのでご希望に合わせて治療をしています。
患者さん主体の医療を心がけていますので、自由に希望をおっしゃって下さい。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

院長・来須正幸(くるすまさゆき)の略歴

院長・来須正幸の写真

1970年 京都生まれ。
1995年 東北大学医学部卒業。
1997年まで、東北大学医学部麻酔科で研修。
1998年 富山医科薬科大学和漢診療部で研修。
2001年まで、成田赤十字病院内科で研修。
2005年 東北大学医学部老年・呼吸器内科、大学院卒業。在学中、漢方鍼灸外来を担当。
2006年 京都第一赤十字病院皮膚科にて研修。
2007年より、来須医院で診療。高雄病院京都駅前診療所でも診療中。

医学博士、認定内科医、東洋医学会専門医、麻酔科標榜医
(現在、日本内科学会、日本東洋医学会、日本皮膚科学会に所属)

趣味

読書、音楽鑑賞(Jazzなど)、ヴィパッサナー瞑想